くらし情報『慢性化に注意!犬の膀胱炎』

2016年2月8日 20:30

慢性化に注意!犬の膀胱炎

オスよりメスのほうがなりやすい?人間でも、残尿感で何度もトイレに駆け込むという経験をしたことがある人は少ないかもしれませんが、犬も膀胱炎になることがあります。放っておくと慢性化して治りも悪くなり重症化する恐れがありますので、早めに動物病院へ受診してくださいね。
ご存知だと思いますが、腎臓が作った尿を溜めておく所が膀胱です。ある程度溜まったら尿意を催して排泄するシステムになっています。この膀胱に炎症が起きた状態を膀胱炎といいます。
メスの方がオスに比べて尿道が広く短いため、細菌が入りやすく膀胱炎になりやすいといわれています。

細菌の感染以外でも膀胱炎になる!その原因と症状は?先にも書きましたが、細菌の感染が原因の事が多いですが、他にも、尿結石、ストレス(引越しや新しい家族が増えるなど)、老齢による抵抗力の減少、腫瘍、糖尿病、外部から強い衝撃を受けたときなども膀胱炎になることがあります。
膀胱炎になった場合、尿の回数が増える、1回の尿量が減る、トイレ以外のあちこちで排泄、尿がポタポタたれる、血尿が出る、尿が濁る、尿の臭いが変る、食欲の減少、元気がなくなる、熱が出る、飲水量が増える、などの症状があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.