くらし情報『人工授精、体外受精って一体どんな方法?その費用は?』

2016年1月24日 18:00

人工授精、体外受精って一体どんな方法?その費用は?

■ その1:人工受精とは?排卵日にあわせて精子を取り、人工的に子宮の中へ精子を入れる方法のことです。

具体的には
→精液を採取し、
→精液から運動能率の高い精子を集めます、
→これを濃縮処理し、
→子宮腔内に直接注入します。

子宮腔内に注入された精子は、自力で卵管内へと移動。そして、排卵後に卵管内に取り込まれた卵子と、自然に出会います。

つまり、自然な形で精子と卵子が受精する方法なのです。
■ その2:人工授精を行うのはどんなケース?人工授精は以下のような場合、行われます。

1:精子の運動性や数に問題があり、自然妊娠がなかなか望めない場合。
2:性交障害(インポテンツ)やセックスレスの場合。
3:女性生殖器の狭窄や、子宮頸管のトラブルなどによって、精子の通過性に問題がある場合。
4:抗精子抗体が陽性である場合。
5:不妊の原因が不明な場合。

いずれの場合も、卵管通過障害(卵管狭窄・閉塞)がないことが前提となる不妊治療法です。
■ その3:人工授精のメリット、デメリットは?●人工授精のメリット
1:比較的容易にできる治療法であり、体への負担が少ない。
2:スピーディーに行え、ほとんど痛みは伴わない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.