くらし情報『【藤森香衣のがんコラム】Vol.3: がんを公表するということ』

2015年12月11日 10:00

【藤森香衣のがんコラム】Vol.3: がんを公表するということ

を経験していないからです。
しかし…これこそが「がんという病気への刷り込み」なのだと気づきました。

“私というサバイバー”が伝えるべきことは、「検診を受けて、早期発見をしたら治った」という事実。
そして、これは【亡き友が贈ってくれたもの】であり、このバトンを多くの人へ渡すことが私の役目なのだと、今では考えています。

サバイバーの人たちは、あまり自分の病気を人に言いません。
プライバシーに関わることだから言わないということもありますが、多くの場合、「理解して貰えないんじゃないか」「腫れものに触るように扱われる」…といった疎外感を避けるために、あえて公表しないというサバイバーの声を耳にします。

「がん」が、特別な病気でなくなっている今、検診についても、病気になった後の事も、もっと社会全体で当たり前のこととして考えていかなくてはならない。そうしたことに、私の経験が少しでも役立てばと思っています。

~モデル:藤森 香衣~

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.