くらし情報『高齢でも不妊を治したい! 何歳まで不妊治療は有効?』

2015年12月3日 17:00

高齢でも不妊を治したい! 何歳まで不妊治療は有効?

高齢になればなるほど、不妊と向き合わなければいけない確率が高まるのはご存知のとおりだと思います。卵子の老化、という言葉も一般に浸透してきて、女性が高齢になればなるほど、不妊になりやすくなることは知られてきました。

妊娠しにくい人は25才では3.5%ですが、30代から少しずつ増え、35才では11%、40才では33%と40才を越えると一気に増加傾向にあります。
不妊治療が有効なのは40歳まで!?高齢の女性で、不妊治療で子供を持ちたいという場合、いつまで不妊治療は有効なのでしょうか?厚労省研究班の調査によると、不妊治療を受けた女性が出産できる確率は39歳で10.2%。42歳で3.7%、45歳で0.6%に低下するとされています。42歳、43歳を超えてくると、妊娠に至るケースが少なくなってくるので、医師も安易に「諦めないで。いつかは妊娠する可能性はあるから」とは言えなくなってきます。

また、不妊治療は時間、お金、精神的にも、費やすものです。最近では、2016年から不妊治療の公費助成を42歳までとする、という年齢制限を設けることが厚生労働省で決定しました。このことからも、42歳以上での不妊治療の意義については臨床的には低い、ということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.