くらし情報『生理痛のつらさをパートナーにわかってもらう方法は?』

2015年12月20日 14:00

生理痛のつらさをパートナーにわかってもらう方法は?

生理痛のあのイヤーな痛みは、女性特有のものです。下腹部の鈍い痛みがずっと続く感じ、腰に響いたり胸が悪くなることもありますね。あの生理の時のつらさを男性に伝えたことがありますか?

職場や学校の男性に生理の話をするのは、人によってちょっと言いにくい部分もありますが、生活を共にするパートナーには少しでも理解して、いたわってほしいですよね。
生理痛は男性のアノ部分を握りしめたような痛み!?月に1回、身体から約1週間にわたって出血する、そのときに痛みを伴う、というのは男性には想像するのも困難な部分もありますよね。
「痛そう……」とは思っても、けがをして血が出ている痛みとはまた違いますし、そう改めて考えると表現に困ってしまう女性が多いのではないでしょうか。

一説によると、生理痛は男性の睾丸を握りしめるような痛みに似ている、といわれているようです。

ただ、この例えだと、生理痛と睾丸を握りしめるような痛み、両方を経験する人はあまりいないでしょうから、この二つが似ているかどうか、真偽のほどは確かめようがないところはあります。根拠としては内臓痛に分類される痛みなので似ているそうでよ。そういわれてみると、何となく「なるほど」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.