くらし情報『生理痛のつらさをパートナーにわかってもらう方法は?』

2015年12月20日 14:00

生理痛のつらさをパートナーにわかってもらう方法は?

という気はします。

1週間生活している間中、波はあっても睾丸を握られ続けるというのは、すごくつらいんだろうな、というイメージは持ってもらえるかもしれません。
男性には科学的に現象を伝えるのがいい?他には、やはり具体的な症状を伝えるようにするのがわかりやすいでしょう。 腰が重だるい、あるいは子宮が収縮してぎゅーっと痛むといった表現だと、少し理解しやすくなるかと思います。

特に、生理痛は子宮を収縮させて経血を体外に出すために、「プロスタグランジン」という痛み物質がたくさん放出されるという、科学的な根拠についても会話の中でうまく伝えられれば、ちょっと理屈っぽいパートナーの場合でも意外とすんなり納得してもらえるかもしれません。
医師からのアドバイス自分の痛みを伝えて理解を求めることは、難しいことかもしれませんが、パートナーからの理解も得て、少しでも穏やかな気持ちで乗り切りたいですね。
生理痛のつらさをパートナーにわかってもらう方法は?

生理痛が痛すぎる…!

生理痛が痛すぎる…というあなた!もしかしたらその痛み、あなたの生活習慣が悪化させているのかもしれません…!気付かない間に自分のこと痛めつけてるかも…まずはチェックをおすすめします。
【生理痛になりやすい生活習慣】チェック

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.