香取慎吾、レギュラー番組終了は当然の結果なのか?ネット意見割れる

2018年1月3日 23:00
 

関連リンク

・稲垣吾郎 ブログ登録者数50万人突破に「胸が熱くなります」
・SMAP、安室奈美恵、小室哲哉らの“平成代表”の解散や引退に反響「永久に存在すると思ってた…」
・キムタク役しかできない木村拓哉『BG~身辺警護人~』落胆の声


2018年1月1日にインターネットニュースサイト『スポニチアネックス』に、香取慎吾(40)がMCを務める番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)が3月で終了するという記事が掲載された。

『おじゃMAP!!』は現在の香取の唯一のレギュラーテレビ番組

最近では、昨年9月に香取と一緒にジャニーズ事務所を離れた稲垣吾郎(44)と草彅剛(43)らがゲスト出演して話題になったこともあったが、2012年1月に放送を開始してから約6年で放送を終了するとのこと。

『おじゃMAP!!』の放送終了に、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。

ジャニーズ事務所の圧力?忖度?普通につまらなかった?

Yahoo!ニュースのコメント欄にはこのような声が寄せられている。

「これはジャニーズ事務所の圧力かな?」
「新年そうそう来ましたか。ジャニーズのいじめ」
「なんやねん、これ!また忖度ですか?こんなホッコリできる番組ないよ」
「フジってジャニの顔色伺いすぎて結局視聴率落ちて自分の首絞めてるよね」

番組が終了することはジャニーズ事務所からの圧力か、フジテレビ側が忖度した結果だというコメントが並んでいる。一方で、ネット掲示板ガールズちゃんねるの方には、シンプルに”番組がつまらなかったから終わるだけのこと”というコメントが多く寄せられており、これまで打ち切りにならなかったのはジャニーズ事務所やSMAPという後ろ盾があったおかげであるという見方がされていた。

同じ話題で、コメントが書き込まれる場所によってここまで見解が違う意見が揃うことも珍しい。ガールズちゃんねるの方で「Yahoo!のコメントは香取ファンが多く書き込んでいるから」という意見があったが、ファンとファンではないひとの間にこれだけ温度差があったということなのだろうか……。

どちらにしろ、番組終了を惜しむようなコメントがほとんど見られなかったことが残念である。

◆やる気がない?戦略失敗?攻撃的なファンにドン引き?

『おじゃMAP!!』終了に関して、圧力や忖度、視聴率以外の理由をあげていたコメントはこちら。

「やたらと3人仲良しこよしがバカっぽいと思った。香取のやる気のなさが気になってみたくなかった」
「どんな番組ならやる気出して取り組むんだろう?ってぐらい何に出ててもやる気ないよね。不快」
SNSでしょっちゅう絡んでたら新鮮さも無いし、戦略失敗って感じ」
「飯島ママに泣きついて助けてもらえば?熱心なファンもまた暴れてくれるでしょ」
「3人のやり方も微妙だし、ファンがすぐ事務所のせいにして騒ぐのが本当にいや。事務所にはまだたくさんの後輩が所属して頑張ってるんだよ!」

香取のやる気のなさを指摘するコメントが多数みられた。分かりやすいやる気を見せることが面白いとは限らないし、”ゆるさ”を楽しむということもできるが「かなり熱心なファンでないと見ていられない」という状態になっていたとも言われている。そこまで偏っていたなら、番組存続は微妙であったのかも知れない。

ジャニーズ事務所を退所してからの売り出し方に複雑な気持ちになったひともいるようで、また、その新しい活動を応援するファンが、ジャニーズ事務に対して攻撃的であることに嫌悪感をもっているひとも多いようだ。応援している人物を擁護したい気持ちは分かるが、盲目的に圧力や忖度ということばを出していては煙たがられても仕方がないだろう。

本人のやる気のなさ、新しい活動が安っぽい、応援しているファンが攻撃的……。長年に渡って国民的アイドルとして愛されてきた人物に”分かるひとだけ分かればいい”という状態が極まっていくことは、もったいないように感じるのだが……。今後の香取の活動と、それを見たファンの感想。一般的にはどう受け取られているのかに注目していきたい。

鳥井ハニ(とりいはに)

フリーライター/「旬でなければネタじゃない」をモットーに、芸能ニュースを中心に執筆。世の中の関心事をすべて拾い尽くすことを自分に誓い、ワイドショーやバラエティー、ドラマのチェックは365日欠かさない。

(文/鳥井ハニ)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.