くらし情報『誰にも見せない自分だけの幸せ。高山都のランジェリーに宿る哲学』

2020年7月22日 18:00

誰にも見せない自分だけの幸せ。高山都のランジェリーに宿る哲学

■「私は私のバストを、私なりに楽しもう」と決めた

大きくて、おもわず谷間に目を奪われるような、色っぽいバスト。
もちろん素敵だけれど、そういうバストだけが世間から「いい」と言われることには、昔から違和感がありました。

私は若いころからずっと、胸が小さいほう。だから、“大きく” “セクシー”に見せるためには、寄せて上げたりパットを入れたりしなければなりません。

でも本当に、わざわざそんなことをする必要があるのかな?
たとえばドレスを着るときに、ボリュームのある胸だと華やかに見えるのはわかります。
だけど、胸が小さいからこそシルエットがきれいに出せる洋服だってある。そもそも私自身、盛るためのパットなんてないほうが、つけていて心地よいのに……。

そんなことをずっと考えていて、あるときから、人と比べるのをやめました。
その人の雰囲気によって似合うファッションが違うように、バストの大きさによっても、似合う服や着こなしは変わります。なのにバストだけ、みんな同じ「良さ」を求める必要はありません。

「私は私のバストで、私なりの楽しみ方をしよう」と決めたら、なんだか気持ちも楽になって。まず、下着の選び方が変わりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.