くらし情報『この愛に泣け!”共感度ゼロ”のふたりが辿り着く究極の愛―『彼女がその名を知らない鳥たち』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#26』

2017年10月28日 10:00

この愛に泣け!”共感度ゼロ”のふたりが辿り着く究極の愛―『彼女がその名を知らない鳥たち』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#26

◼︎あなたの恋愛観を揺さぶる!究極の愛の形

本作『彼女がその名を知らない鳥たち』で描かれるのは、まさに究極の愛の形。

恋愛に依存せずには生きられない危なっかしさを持ちながら、同居人の陣治にひどい態度をとる女・十和子。

目次

・◼︎あなたの恋愛観を揺さぶる!究極の愛の形
・◼︎『彼女がその名を知らない鳥たち』ストーリー
・◼︎ゲスな男を演じる松坂桃李にも注目!
・◼︎”イヤミス”の女王、沼田まほかるによる原作小説にも注目!
・◼︎『彼女がその名を知らない鳥たち』公開情報


十和子に執着する不潔で滑稽な陣治。

甘いセリフを吐き十和子と不倫の関係に陥る男・水島。

十和子のかつての恋人で、腹黒い策略家の黒崎。

登場人物は全員、共感できないような嫌なやつ。なのにそんな彼らが、彼らだったからこそ見つけることができた愛の形に魂が震えます。

「あなたはこれを愛と呼べるか」というコピーが示す通り、この結末に何を感じるかは観る人次第。どうぞ、あなただけの答えを見つけてください。

この愛に泣け!”共感度ゼロ”のふたりが辿り着く究極の愛―『彼女がその名を知らない鳥たち』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#26

◼︎『彼女がその名を知らない鳥たち』ストーリー

Main


自堕落な暮らしを送る十和子(蒼井優)は、15歳年上の同居人・陣治(阿部サダヲ)に養ってもらいながら、自分はまったく働かず、だらだらと日々を過ごしていた。

そんな彼女を心配し、陣治は1日に何度も十和子に電話をかけてくる。自分に強い執着心を見せる陣治に十和子は心底うんざりしていた。

Sub1


食事中に足の指の間のごみを取り、食べ物をボロボロとこぼす不潔でがさつな陣治に、十和子は苛立ちを隠せない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.