くらし情報『『フリンジマン』第8話あらすじ - 「浮気現場を見せて別れさせる」作戦はうまくいくのか』

2017年11月26日 10:00

『フリンジマン』第8話あらすじ - 「浮気現場を見せて別れさせる」作戦はうまくいくのか

『フリンジマン』第7話のレビュー・あらすじ

■『フリンジマン』第8話のあらすじ(ネタバレあり)

安吾(森田甘路)は、バイト先のレンタルDVD店で客として訪れたリサ(小倉優香)と出会う。

リサが探している映画は安吾と趣味が似ており、またリサが安吾のことを覚えていたことから、安吾は彼女を「愛人の原石かもしれない」と期待。

しかし、彼女はDVDを借りず、恋人と共に店を出ていってしまった。

安吾は愛人同盟の前で、「映画よりも男を取った!」とリサに対して怒ったものの、井伏(板尾創路)は安吾がリサのことを気にしていると見抜く。

安吾もそれを認め、なんとかリサを安吾の愛人にできないかと相談を始めた。

問題なのはリサに恋人がいることだが、井伏は落ち着いた様子で「別れさせればいい」と言う。

井伏と安吾はリサのことを調べるために、リサの通う大学の軽音楽部部室へと向かった。

リサの身辺に関わるものを探しているうちに、軽音部の部員が帰ってきてしまったが、井伏はOBのふりをしてその場をしのぎ、無事に情報を集めることに成功した。

その後、井伏はリサに浮気をさせて恋人と別れるよう仕向ける作戦を考案。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.