くらし情報『フィリピン発、本格ミステリーの翻訳出版を目指すクラウドファンデイングがスタート!』

2017年12月13日 16:00

フィリピン発、本格ミステリーの翻訳出版を目指すクラウドファンデイングがスタート!

フィリピンと聞くと何を思い浮かべるでしょうか。セブ島のビーチ?混沌としたマニラの市街?
では、フィリピンの小説って読んだことありますか?

フィリピンを舞台にした小説は日本語や翻訳で何点かあるものの、手に取ったことがない方がほとんどではないでしょうか。そんな中、フィリピンで生まれたミステリー小説を日本で出版しようとする企画が立ち上がりました。作品タイトルは『Smaller and Smaller Circles』。

目次

・『Smaller and Smaller Circles』あらすじ
・本書の出版に関わる女性たちの活躍がすごい!
・日本ではまだ数少ないアジア文学、そして引き込まれるストーリー!
・クラウドファンディングならでは、の特典も!
・映画『Smaller and Smaller Circles』が12月にフィリピンで公開!


ssc cover

■『Smaller and Smaller Circles』あらすじ

1997年夏、フィリピン・マニラ。ゴミ山がいくつもそびえるパタヤス地区で顔の皮を剥がれ、内臓を抜き取られた少年の死体が次々に発見される。
フィリピン国家警察から捜査への協力を要請された法人類学者のサエンス神父は、残忍な連続殺人鬼を見つけ出すため、かつての教え子で友人でもある心理学者ルセロ神父とともに全力を尽くす。やがて2人は心に深い闇を抱える犯人を導きだすのだが――。

本書のオリジナル版は、フィリピン国内で異例の発行部数を記録し、フィリピン国民文学賞など数々の賞を受賞しました。それが世界の優れたクライムミステリーを出版するニューヨークの出版社、Soho Crimeの目に留まり、大幅に加筆されて2015年にアメリカで刊行されると、フィリピン初のクライムフィクションとして多数メディアでも紹介され、英ガーディアン紙が「古典的で良質なシリアル・キラー小説」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.