くらし情報『トランスジェンダーの主人公が新たな人生を歩き出す『アバウト・レイ 16歳の決断』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#37』

2018年2月5日 09:00

トランスジェンダーの主人公が新たな人生を歩き出す『アバウト・レイ 16歳の決断』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#37

◼︎新たなる人生を歩き出す人へ贈る、ある家族の愛と希望の物語

DRESS読者のみなさん、こんにちは!

本日ご紹介する作品は『アバウト・レイ16歳の決断』です。

目次

・◼︎新たなる人生を歩き出す人へ贈る、ある家族の愛と希望の物語
・『アバウト・レイ16歳の決断』ストーリー
・エル・ファニングがトランスジェンダーのレイを熱演!
・レイ、マギー、ドリー。親子3世代の演技合戦に注目!
・◼︎『アバウト・レイ16歳の決断』公開情報


『リトル・ミス・サンシャイン』で黄色いバスに乗った落ちこぼれ家族を、『サンシャイン・クリーニング』で事件現場の清掃を行う崖っぷち姉妹を描いてきた製作チームが再び集結した本作。

女の子の身体と男の子の心を持った16歳のレイと、その母親で恋多きマギー、レズビアンの祖母ドリーの3世代を、ユーモアたっぷりに描く家族の物語です。

In poster

■『アバウト・レイ16歳の決断』ストーリー

女の子の身体を持って生まれたが、中身は男の子のレイ(エル・ファニング)は、シングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)、レズビアンの祖母ドリー(スーザン・サランドン)、ドリーのパートナーのフラリーと4人で暮らしていた。

「男の子として生きたいーー」たったひとつの願いを叶えるため、16歳になったレイはホルモン治療を希望する。

治療に成功したら、誰も女の子だった頃の自分を知らない学校に転校して、人生をやり直したい、それがレイの唯一の希望だった。

In sub1


レズビアンの祖母・ドリーは、レズビアンの自分と、トランスジェンダーのレイの何が違うのかが、理解できない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.