くらし情報『恋、嫉妬、結婚。狂おしいほどの愛の物語『ファントム・スレッド』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#51』

2018年5月25日 18:00

恋、嫉妬、結婚。狂おしいほどの愛の物語『ファントム・スレッド』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#51

◼︎アカデミー6部門ノミネート、究極のラブストーリーが登場!

DRESS読者のみなさん、こんにちは。映画ライターの古川ケイです。

今回みなさんにご紹介したいのは、本年度のアカデミー作品賞ほか6部門にノミネートされた『ファントム・スレッド』です。

目次

・◼︎アカデミー6部門ノミネート、究極のラブストーリーが登場!
・◼︎『ファントム・スレッド』のストーリー
・◼︎仕立て屋とミューズ、ふたりが辿り着く究極の愛の形
・◼︎オートクチュールの衣装も美しく
・◼︎ダニエル・デイ=ルイスのオトナ色気を堪能して
・◼︎『ファントム・スレッド』公開情報


本作は作品を発表するたびに熱狂的なファンを増やしつつあるポール・トーマス・アンダーソン監督による、独身主義のオートクチュール(高級仕立服)の仕立て屋と、そのミューズ(※)となった女性の究極のラブストーリー。

※ミューズ:公式HPには、「レイノルズにとってミューズは創作に不可欠なインスピレーションと一時の癒しをもたらす存在」と記載されています。
・99年の『マグノリア』でベルリン国際映画祭グランプリ

・02年の『パンチドランク・ラブ』でカンヌ国際映画祭監督賞

・07年の『ゼア・ウィルビー・ブラッド』でアカデミー作品賞にノミネート

など、名匠として名高い同監督の集大成とも言える傑作です。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a0 %e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e6%9c%ac%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab

◼︎『ファントム・スレッド』のストーリー

1950年代、英国ロンドン。

英国ファッションの中心的存在として、社交界から脚光を浴びる天才的な仕立て屋・レイノルズ(ダニエル・デイ=ルイス)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.