くらし情報『ランジェリーは肌に一番近い服。だから心地よく、ドラマティックに』

2019年7月29日 17:00

ランジェリーは肌に一番近い服。だから心地よく、ドラマティックに

肌に最も近いファッションアイテム、ランジェリー。

自分のありたいイメージや行く場所に応じて選ぶ「服」と違うのは、外から見えないだけに原則、選択に制約がないこと。

目次

・ランジェリーは“下着”とは違う
・美しさと危うさが同居する世界観
・「私が欲しいランジェリーしか作りたくない」
・より良いものを作るための学び直し期間
・着る服をじゃませず、心地よい1枚でありたい
・ランジェリーが持つパワーに魅了されて


思いっきり大胆なもの、とにかく心揺さぶられるもの、ときめくもの、艶っぽい気持ちになれるものetc.、基本的にはどんなものでも選べる。

自分のランジェリーを見たり触れたりできるのは、自分とごく親しい関係性の相手だけ。特殊な位置づけのファッションアイテムなのだ。

■ランジェリーは“下着”とは違う

ランジェリーブランド「MEMAI」のデザイナーであるミキさんも、ランジェリーはファッションの一部だと考える人のひとり。

「ランジェリーは“下着”って表現されることがありますよね。それはちょっと違和感があります。下着ではなく、おしゃれな服を選ぶ感覚で手にとって、身につけていただけたらと思って、作り続けてきました」

アパレル会社に勤める傍ら、2009年にひとりでMEMAIを立ち上げた。当時はコートからボトムスまで、フルラインでコレクションを展開するアパレルブランドだった。

640web dsc5650 edited 2base


3年活動した後に3年休み、2015年にランジェリーをメインとして生まれ変わり、今に至る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.