くらし情報『セクシー女優をイメージキャラクターに起用する中国企業に思うこと』

2018年8月20日 16:00

セクシー女優をイメージキャラクターに起用する中国企業に思うこと

海外で抱かれている「日本」のイメージといえば、寿司やてんぷらといった料理にカワイイ、サムライ、そしてアダルトビデオ(AV)。

中国ではTwitterのようなSNS「Weibo」が広く利用され、なかでもダントツにフォロワーの多い日本人は、元セクシー女優の蒼井そらさんです。

目次

・企業の顔に選ばれてきた、日本のセクシー女優たち
・セクシー女優の起用は忌避すべきことなのか?


2018年8月中旬現在1892万人のフォロワーを有しています(ちなみに、経営者として中国人から支持されている稲森和夫さんのフォロワーは1200万人)。

中国でも高い人気を誇るこの元セクシー女優が8月、ある企業のイメージキャラクターに着任しました。

その際、赤いネッカチーフを着用していたことで、中国共産党青年団のWeiboアカウントにより非難を受けます。

この事件を受け、中国のメルマガ「中国婦女報」は「人の注目を集めたくて、結果として自らのブランドイメージを貶めるような人選をしてしまっている。しかしそんな企業は実は今回のこの1社だけではない」といった内容の記事を紹介。

いくつかの「セクシー女優起用により企業に対するイメージをかえってゆがめてしまった例」を伝えています。

■企業の顔に選ばれてきた、日本のセクシー女優たち

中国では日本のセクシー女優をキャンペーンキャラクターに起用するケースも少なくありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.