2012年3月26日 16:00|ウーマンエキサイト

香港と東京、2つの「マンダリン オリエンタル」料理長が手がける極上フレンチを

館内9つのダイニングのうち、2つのレストランがミシュラン1つ星を取得している「マンダリン オリエンタル 東京」。メインダイニングである、フレンチインスパイアダイニング「シグネチャー」では、姉妹ホテル「ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタル 香港」のメインダイニング「アンバー」より、リチャード・エッケバス料理長を招き、スペシャルなフードフェア「リチャード・エッケバス イン シグネチャー」を開催する。
香港と東京、2つの「マンダリン オリエンタル」料理長が手がける極上フレンチを

オランダ人でありながらフランス料理の真髄を極めるリチャード・エッケバス氏。ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタル 香港内のミシュランガイド2つ星「アンバー」の料理長だ。
香港と東京、2つの「マンダリン オリエンタル」料理長が手がける極上フレンチを

「"特別感"を求めて来店されるお客様に、"特別なもの"を最高品質でご用意し、その夢を具現化して届けるのが私たちの使命です。日本の優れた食材は、常にその期待に応えてくれるものです」と語る。

ピエール・ガニエール、アラン・パッサール、ギー・サヴォワなどフランスの名だたるミシュラン3つ星シェフの下で腕を磨き、伝統にとらわれず、常に斬新で革新的なキュイジーヌを目指してきた。同氏のキュイジーヌは、タイガー・ウッズ、マイケル・ジョーダン、ビヨンセ・ノウルズやアンドリュー・ロイド・ウェバーなど、世界中のトップセレブリティにも絶賛されている。

なお、同シェフは、日本の食材を世界最高水準と評価しており、彼が香港で作る"シグネチャーディッシュ"(代表作)には、北海道産のウニ、鹿児島県産の和牛、福岡県産の甘鯛や伊勢海老などが、普段から使われている。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.