2015年11月5日 07:00|ウーマンエキサイト

ニオイもよごれもスッキリ! 古いムートンブーツをよみがえらせるコツ

足元があたたかくなるムートンブーツは、愛用者の多い冬の定番アイテム。雨や雪でシミがついたり、長年のよごれでくたびれてしまったブーツも、できるだけ長く使いたいですよね。

目次

・思いきって水洗い!
・ポイントは「ふきとり」
・干すときは風とおしのいい場所に「かげ干し」で
・仕上げはブラッシング&スプレー


ムートンブーツをはく子どもの足元

© hakase420 - Fotolia.com



思いきって丸洗いすれば、気になるニオイもよごれもスッキリ! クリーニングに出したり買いかえずに済ませたいときの「セルフ洗たく法」を紹介します。

■思いきって水洗い!

洗面器やバケツに水を入れ、中性洗剤を溶かします。泡だったところへブーツをザブン! 表面の汚れは食器用スポンジを使って、やさしく洗い落とします。

ブーツの内側は、汗を吸いこんだ雑菌の温床です。ニオイの原因にもなるところなので、しっかりと洗いましょう。ここも同じく食器用スポンジでOK。靴底の溝などに挟まっているゴミや、たまった汚れをしっかりかき落としましょう。スポンジにかたい面があれば、そちらを使うといいですよ。

■ポイントは「ふきとり」

洗い終わったら、洗たく機の脱水機能を2~3分使って水分を飛ばします。そのとき、必ずブーツのなかにタオルなどを詰めて型くずれを防ぎましょう。

「洗たく機を使うのはちょっと…」と抵抗がある場合は、時間はかかりますが自然乾燥でもOKです。

いずれの場合も、干す前にタオルで表面の水分をていねいに優しくふきとります。これを怠ると、乾いたときに染みやムラができてしまう可能性があります。必ず忘れないようにしましょう!

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.