やる気が起きない自分を、責めてしまうあなたへ 【心屋仁之助 塾】

2016年7月12日 07:00
 

高橋かのん ライター
高橋かのん

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「やる気がおこらない自分が嫌」という、かずりんさん(38歳・主婦)に、心屋塾上級認定講師の高橋かのんさんからアドバイスをいただきました。

目次

・かずりんさんの悩み
・心屋塾上級認定講師の高橋かのんさんより

© kleberpicui - Fotolia.com



■かずりんさんの悩み

仕事を頑張ってしていましたが、不正出血もありやめました。それまで、家計のためにと義務感で仕事に一生懸命でした。 仕事に行けなくなり休んでいましたが、そのまま職場に1度も顔を出さずにやめてしまいました。

挨拶もなく、そのままやめた私はどうなの? と責める毎日です。でも、職場にはもう行けません。職場の人から責められるのが怖いからです。

家では何もやる気がおこらず、毎日ずっとゴロゴロしています。家事育児もままならず…。

いままで、仕事をしていた自分に価値をおいていました。心屋さんのブログや本もたくさん読んで、心の勉強もしてきました。 今では、何もかもやる気が起こらず、体調悪いことを言い訳に子どもの行事などにも行っていません。

夫や子どもは何も言わず、見守ってくれているようです。

もう、自分のことが嫌です。

■心屋塾上級認定講師の高橋かのんさんより

かずりんさん、ご相談、ありがとうございます。そして、心屋の考え方を勉強していただき、ありがとうございます。

かずりんさんは、「責められる人」のようですね。そして、責める人がいないと自分で責める(笑)。

常に、責められることに怯えながら、実は、誰も責めてこないので、結局のところ、自分で責めている。そのコントに早く気づきましょうね。

かずりんさんは、責められるべきどんな罪を犯したと思っているのでしょうか? 人から責められる人、自分を責めるクセのある人は、勝手に罪を背負っていることが多いです。

そして、多くの場合、その罪は「誰かを幸せにできなかった/喜ばせられなかった」とか「誰かを悲しませた/苦労させた」などのようです。そして、その誰かとは、親、特に母親であることが多いのですが、かずりんさんは、いかがですか?

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.