あなたを「片づけられない人」にしている、“本当の原因”とは

2017年10月12日 07:00
 

おむらちも ライター
おむらちも

目次

・「物を捨てない」=「損をしていない」 にはならない
・片づけたいのに片づける「時間がない」人は、“嫌われたくない”人
・「家族が協力してくれない」中には、根深い過去のトラウマが!

© Photographee.eu - stock.adobe.com


「片づけられない」理由として多く挙げられる「物が捨てられない」「時間がない」「家族が協力してくれない」。しかし実はその奥に、あなたが片づけをすることを阻む、本当の理由が隠れています。

心に向き合うことで「片づけ嫌い」を克服した元インテリアコーディネーターで、現在は心屋認定講師のおむらちもさんが、「片づけられない」理由について、心理面からアプローチします。

■「物を捨てない」=「損をしていない」 にはならない

物を捨てたら部屋がスッキリすると思っていても、実行ができない人は「損をしたくない」という思いが強すぎるのかもしれません。

「損をしたくない」という思考は、あなたの「お金」の考え方と強く結びついています。お金はとても大事だし、お金を大切に思うことはいいことです。ただ、お金を一番の基準に考えすぎると、あなたの周りのいろいろなバランスが崩れていきます。

「もったいないから」と物を手放せないことで、たくさんのどうでもいい不必要な物に囲まれ、“不快な生活を送る”という状態につながっていくのです。実はこれが一番の「損」なのでは、と私は思っています。

目の前の物に対して「損得」を基準に考えるのではなく、あなたが考える、心地の良い理想の部屋のイメージに、それは“必要”なものなのか、自分が“好きなものなのか”を基準に物と向き合ってみてください。

「すっきり心地いいお部屋」という、本当の意味での「得」な状態に近づいていくはずです。


また、物を捨てられない人は“親の物に対する価値観”をそのまま引き継いでる場合があります。小さい頃、親や祖父母から「もったいない」「まだ使えるのに」なんて言葉を聞いていた人は多いのではないでしょうか。

昔は、たくさんの物を持つことが豊かさの象徴でしたが、物があることが当たり前の現代では“自分にとって本当に必要で好きな物”を選んでいくことが豊かさに繋がっていきます。

「もったいない」の罪悪感はゆるめ、“今”に生きる自分の“本当の豊かさ”とは何かを考えていきましょう。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.