2018年1月18日 07:00|ウーマンエキサイト

心屋仁之助が教える片付けが苦手な人の「思考のクセ」

おむらちも
ライター (心理カウンセラー/部屋と心の専門家)
おむらちも
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
片づけをしているときに「なぜ私ばっかりやらなきゃいけないの!?」とイライラすることはありませんか。自分だけ頑張っているのが納得できず、もうやりたくない! という気持ちになることも…。そんなときは、どうすればいいのでしょうか?

目次

・「私ばっかり!」は、実は“思考のクセ”
・“思考のクセ”は、小さな頃に作られる
・イライラした気持ちを和らげる「魔法の言葉」


心屋仁之助が教える片付けが苦手な人の「思考のクセ」

© vectorfusionart - stock.adobe.com



「片づけ嫌い」を克服した元インテリアコーディネーターで、現在は心屋認定講師のおむらちもさんが、「なぜ私ばかり」と思ってしまう仕組みについて、心理面からアプローチします。

■「私ばっかり!」は、実は“思考のクセ”

あなたは、他の人が片づけをしている時、どんなことを考えながら行動しているか、想像したことはありますか? つい、周りの人も同じように考えていると思いがちですが、人によって考えていることは随分と違うようです。

人は無意識で同じような言葉を何度もつぶやいています。それは「思考のクセ」によるもの。同じような状況でも「私ばっかり!」と全く感じない人もいるのです。

主婦であっても、家族が多くても、旦那さんが非協力的でも、「私ばっかり!」と感じない人は、たくさんいらっしゃいます。

いつも当たり前のようにつぶやいているその言葉は、あなたという人間を紐解いていくのに、とても大きな鍵になります。自分の“思考のクセ”に気づくことで、片づけに対してだけじゃなく、他の問題を解決するヒントになることもあります。

ぜひこの機会に、無意識にどんな言葉をつぶやいているのか、ご自分の“思考のクセ”と向き合ってみてくださいね。

おむらちも
おむらちもの更新通知を受けよう!
確認中
おむらちも
おむらちもの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
おむらちも
おむらちもの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
おむらちも
おむらちもをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
おむらちも
おむらちもの更新通知が届きます!
フォロー中
おむらちも
おむらちもの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.