収納の勉強をしても、部屋がキレイにならない理由とは?【心屋仁之助 塾】

2018年3月8日 07:00
 

おむらちも ライター
おむらちも

“片づけ”といえば「収納」を連想する人が多いのではないでしょうか。でも部屋をキレイにするために、収納の仕方を勉強しても、ちっとも部屋がキレイにならない…。多くの方が抱える悩みの原因は「心」にあるかもしれません。

目次

・知識よりも先に、「行動できる心」に整える
・「やる気」が続く人と、続かない人の違い
・“少しずつ”を続けて「習慣」にする
収納の勉強をしても、部屋がキレイにならない理由とは?【心屋仁之助 塾】

© Photographee.eu - stock.adobe.com


苦手な片づけを克服し、小さな子どもがいても楽に片づけができるようになった心屋認定講師のおむらちもさんが、その原因と解決策をお伝えします。

■知識よりも先に、「行動できる心」に整える

片づけブームと言われるほど「収納」に関する資格や、本がたくさん出版されています。収納方法を勉強することで部屋がスッキリする人もいますが、そうではない人も。片づけがうまくいかない原因が、収納以外のところにある場合は、収納の知識が身についても改善しないということが多々あります。

実は、私も片づけができるようになりたいと思った時に、一番最初に取り組んだのが「収納」でした。収納の本を買ってきて、それを真似して引き出しや棚の中を整えてみましたが、すぐに元どおりになってしまって、がっくりしたのを覚えています。

私のところには、たくさんの「片づけ本」「収納本」を読んで、多くの知識を持っている方や、収納の資格を持っている方が「実行できない」と相談にきます。中には、他の人の家を片づける仕事をしているのに、自分の家はできないという方もいらっしゃいます。

私は、たくさんの片づけられない方の「心の状態」を見てきました。そして「知識がある」「行動できる」なんだなぁと日々痛感しています。

確かに、収納の方法も大事なのですが、先に「知識」や「やり方」ばかり詰め込んでしまうと、行動できない自分に出会った時に、余計に「私ってやっぱりダメだ」と自信がなくなってしまう方が多いのです。なので、そうなる前に先に、行動することができる「心の状態」に整えることが大事だと私は考えています。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.