自由研究は「科博初の大型昆虫展」で決まり! 日本初で“知りたい欲”を刺激する

2018年7月13日 23:00
 

まちとこ出版社 ライター
まちとこ出版社

目次

・常識をくつがえす「昆虫展を国立科学博物館で開催」の意味
・約2mの巨大模型、5万点以上の標本に圧倒!
・昆虫のプロが明かす「昆虫採集のテクニック」丸わかり!
自由研究は「科博初の大型昆虫展」で決まり! 日本初で“知りたい欲”を刺激する
昆虫を愛する子どもたちはもちろん、夏休みの自由研究に頭を悩ませているママたちにも朗報! 7月13日(金)から国立科学博物館(科博)で特別展『昆虫』が開催されています。

実は、科博で大型の昆虫の特別展が開かれるのは初めての試み。日本初の展示も数多くあるのこの特別展、PR担当の中里弘毅さんに、展示の特徴や子連れで見る注目ポイントを取材してきました。
自由研究は「科博初の大型昆虫展」で決まり! 日本初で“知りたい欲”を刺激する

来場するともらえる会場マップは昆虫の日常を独特のタッチで描いた『ゆるふわ昆虫図鑑』でおなじみのじゅえき太郎さんが作成。クスッと笑えるイラストが満載で、お土産として持ち帰りたくなります。裏側には「愛を叫んで昆虫に変身! ARコンテンツ」のQRコード付き


■常識をくつがえす「昆虫展を国立科学博物館で開催」の意味

自由研究は「科博初の大型昆虫展」で決まり! 日本初で“知りたい欲”を刺激する

絶滅したアリエノプテラ目の標本を日本初公開! 奇跡的に琥珀に閉じ込められた状態で発見されたのだとか


「科博で開催するからには、昆虫マニアの大人も満足できるクオリティにしなければならい、でも同時に、子どもたちにとっても楽しくわかりやすくすることにこだわりました」と話すのは、特別展『昆虫』のPRを担当するフジテレビの中里弘毅さん。実はこれまで昆虫にはほとんど触れる機会がなく、子ども時代に昆虫採集をした経験も皆無だというから驚きです。

でも、今回の準備を通して知れば知るほど昆虫に興味を持ち、今では自宅でカブトムシを飼っているのだそう。「昆虫の種類は、現在確認できているだけでも100万種類。地球上にいる生物の半分以上が昆虫で、実際はその数倍もの数が生息していると言われているんだそう。私たちがまだ知らないことがたくさん残されているなんて、ロマンがあると思いませんか?」と熱く語ってくれました。

今回、中里さんは研究者に同行してマダガスカルへ行き、新種と思われる昆虫を発見することに成功しました。「でも、新種を見つけてすごいでしょ! とアピールしたいわけではないんです。昆虫の新種は世界中にいますから、難しいのはどれが新種なのかを判別する知識を持つこと。今回の展示を通して、私のように昆虫に触れてこなかった人にも魅力を知ってほしい。そのきっかけになればと思っています」(中里さん)。
自由研究は「科博初の大型昆虫展」で決まり! 日本初で“知りたい欲”を刺激する

今回発見された新種(未記載種)。8月12日までに来場してキャンペーンに応募し選ばれた人の名前をこの昆虫につける企画も実施している。(c)丸山宗利




新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.