2019年8月13日 18:00|ウーマンエキサイト

子ども用枕は何歳から使い始める?適切な枕選びとおすすめ商品を紹介

子ども用枕は、子どもの心身の健やかな成長をサポートしてくれる大切なアイテムです。子どもに枕が必要な理由や適切な使用時期・選び方を知り、子どもがぐっすり快眠できる環境を整えてあげましょう。おすすめの子ども用枕も紹介します。

なぜ子どもに枕が必要なの?

目次

・なぜ子どもに枕が必要なの?
・ポイントは3つ、子ども用枕の選び方
・ぜひ使ってほしい、おすすめの子ども用枕
・子どもの眠りを枕でしっかりサポート
子ども用枕は何歳から使い始める?適切な枕選びとおすすめ商品を紹介
枕の主な役割は、『睡眠中の体の負担を軽くするため、敷布団、頭、首のあいだにできる隙間を埋めること』です。

人の成長や回復を促す成長ホルモンは、眠りについてから2~3時間の間にもっとも多く分泌されます。枕を使うことで睡眠中の体にかかる負担を抑え、リラックス状態を保つことは、子どもの健全な成長にとって大切なことなのです。

枕を使い始める年齢は?


子どもに枕が必要なのがわかったところで、次に気になるのは『枕を使い始める年齢』ですよね。

これを考えるには、まず子どもの背骨の成長について知っておく必要があります。赤ちゃんの背骨は、横から見るとゆるやかな『C』字をしています。一方、大人の背骨は『S』字です。

『S』字の背骨は、衝撃を吸収しやすく、立ったり歩いたりするときの負担を軽くするのに適しています。一方で、横になったときの首や肩にかかる負担が大きいため、支えとして枕を用意する必要があるのです。

背骨が『C』字から『S』字に変化する時期は、個人差があるものの、一般的には歩き始めるころといわれています。

こうした事実をふまえると、枕を使い始めるのは、幼稚園~小学校に入学するころが目安といえるでしょう。

ポイントは3つ、子ども用枕の選び方

子ども用枕は何歳から使い始める?適切な枕選びとおすすめ商品を紹介
子ども用の枕を購入するにあたっては、どのような点に気をつければよいのでしょうか。覚えておきたいポイントを3つ紹介します。

寝方をチェック


子ども用の枕を選ぶ際は、まず、どんな形の枕にするかを決めることから始めましょう。そのためには、あらかじめ子どもの寝方をしっかりとチェックしておく必要があります。

枕の形にはさまざまなタイプがありますが、仰向け・うつ伏せ・横向きなど、さまざまな寝方に対応できるスタンダードタイプであれば、子どもの安定しない寝相にも対応できて便利です。

子どもの寝方や性格によっては、抱き付いて寝られる『抱き枕』を選択肢に入れてみるのもおすすめですよ。

素材と機能性を確認


子どもの枕選びには、『素材と機能性』も忘れてはいけない大切なポイントです。

子どもは大人よりも体温が高く、睡眠中にとても多くの汗をかきます。湿気がこもることのないよう、通気性を重視して選びましょう。

また、枕はデリケートな子どもの肌に直接触れるアイテムでもあります。洗濯機で気軽に丸洗いできる物ならば、いつでも衛生的に使えて安心ですね。

商品にもよりますが、綿やポリエステルの枕には、両方の条件を兼ね備えた商品が多い傾向があります。ぜひチェックしてみましょう。

サイズは成長に合わせて選ぶ


子どもの成長をサポートする枕は、サイズ選びにもこだわりましょう。

首や肩への負担を軽くするという枕の役割を十分に果たすには、肩や頭部をしっかりと支えられるだけの大きさが必要です。

目安としては、縦幅は『頭がすっぽりと収まるサイズ』、横幅は『肩がはみ出ることなく収まるサイズ』を選びましょう。子どもの成長に合わせて買い替えられるよう、定期的にサイズが合っているかどうかの確認をするとよいですね。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.