コミックエッセイ:隣人に生後一ヶ月半の息子を拉致された話

閉じこもっていた自分を反省…支えてくれようとする人の優しさが温かい【隣人に生後一ヶ月半の息子を拉致された話 Vol.6】

隣人に生後一ヶ月半の息子を拉致された話

隣人に生後一ヶ月半の息子を拉致された話

京都のとある路地。そこは、まだ生後1ヶ月半だった息子が隣人に連れ去られた場所でした。しかしその恐ろしかった体験から、大切な育児への反省と気づきを得たのです。

■前回のあらすじ
実は近所に赤ちゃんがいることを知って心配してくれていた野崎さん。「うるさい」と言ったのは息子の泣き声に対してではなく、赤ちゃんの泣き声をかき消す夫の声に対してでした。

閉じこもっていた自分を反省…支えてくれようとする人の優しさが温かい【隣人に生後一ヶ月半の息子を拉致された話 Vol.6】
閉じこもっていた自分を反省…支えてくれようとする人の優しさが温かい【隣人に生後一ヶ月半の息子を拉致された話 Vol.6】閉じこもっていた自分を反省…支えてくれようとする人の優しさが温かい【隣人に生後一ヶ月半の息子を拉致された話 Vol.6】

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.