くらし情報『「暇な日、何しよう?」和カフェから美術館まで葛飾北斎ゆかりの地をめぐる“北斎散歩”コース』

2018年10月20日 11:00

「暇な日、何しよう?」和カフェから美術館まで葛飾北斎ゆかりの地をめぐる“北斎散歩”コース

葛飾北斎のことを楽しく学ぼう!北斎の名作に出合える「すみだ北斎美術館」

目次

・葛飾北斎のことを楽しく学ぼう!北斎の名作に出合える「すみだ北斎美術館」
・葛飾北斎が描いた、ゆかりの地を実際に巡ってみよう!/吉良邸跡
・葛飾北斎ゆかりの地を散歩した後は、甘味処でひと休み/北斎茶房
・まとめ
すみだ北斎美術館 外観


©Forward Stroke

まず訪れたのが、両国駅から徒歩約7分の場所にある「すみだ北斎美術館」。こちらは、江戸時代後期に浮世絵師として活躍した「葛飾北斎」の作品を展示する、北斎専門の美術館。

作品を見られるだけでなく、北斎の生涯や人柄なども学べる、北斎を知るには絶対に外せないスポットです!

すみだ北斎美術館 アルミの外壁をバックに写真1


個性的な建物も注目ポイントのひとつ。デザインを手掛けたのは、金沢21世紀美術館をはじめ世界でも活躍する建築家の妹島和世。外壁がアルミの壁になっていて、なんともスタイリッシュな佇まい。

すみだ北斎美術館 アルミの外壁をバックに写真2


建物にスリットが入っているのは、周辺の下町市街地のスケールとの調和を図るためなのだとか。アルミの外壁をバックに写真を撮れば、おしゃれな1枚が残せそう!

すみだ北斎美術館 アルミの外壁映りこみ


スリットの小道から空に向かって写真を撮ると、アルミの壁に街が映りこみ、万華鏡のような不思議な写真が撮れちゃいますよ。

すみだ北斎美術館 常設展看板


写真撮影を楽しんだところ、早速で館内へ。展示は、常設展と企画展の2カ所に分かれています。今回は、常設展をレポートします!

すみだ北斎美術館 スクリーン


常設展入口の壁はスクリーンになっていて、前にあるタッチパネルを操作すると連動して画面が動きます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.