くらし情報『入場料を払う六本木の本屋「文喫」がおしゃれすぎ!しかもコーヒー飲み放題で最高の読書空間だった』

2019年3月3日 11:00

入場料を払う六本木の本屋「文喫」がおしゃれすぎ!しかもコーヒー飲み放題で最高の読書空間だった

美味しい食事やコーヒーを味わいながら、誰にも邪魔されず好きなだけ読書ができる。そんな贅沢な時間が過ごせるブックカフェが、2018年12月六本木にオープン。入場料1,500円(税抜)を支払うと、時間制限なしに一日中利用できるシステムで、店内には喫茶スペースもあるのだとか。読書に没頭するのにぴったりなブックカフェ「文喫」をレポートします!

3万冊の品ぞろえ。テーマは「本と恋する場所」/文喫(ブンキツ)

目次

・3万冊の品ぞろえ。テーマは「本と恋する場所」/文喫(ブンキツ)
・思い思いのエリアで本に没頭できる
・本とともに楽しみたい、こだわりのフード&ドリンク
・まとめ
文喫外観


六本木駅から徒歩約1分。本好きさんには有名な、青山ブックセンター 六本木店の跡地に2018年12月、オープンしたのがブックカフェ「文喫(ブンキツ)」です。

入口で入場料1,500円(税抜)を支払うと、店内に用意された約3万冊の本を自由に読むことができ、こだわりのコーヒーと煎茶が飲み放題。制限時間はなく一日中利用できる、一人時間を過ごすのにぴったりなブックカフェです。

入場料のあるブックカフェなんて、一体どんな場所!?少しドキドキしながら、レポートしてきました♪

文喫店内


店内に入ると、開放感のある天井の高いエントランスが広がっています。
スタイリッシュで、なんだか本屋さんのイメージと違いますね!

文喫店内


入口右側は、展示スペースになっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.