くらし情報『猫の浮世絵に胸キュン!? 国芳や広重などの猫作品展が、2/22猫の日にスタート』

猫の浮世絵に胸キュン!? 国芳や広重などの猫作品展が、2/22猫の日にスタート

2018年2月21日 08:00
 

関連リンク

・年に一度!日本代表のパンも買える、伊勢丹“パンの祭典”
・行くタイミングや持ち物は? 潮干狩り前に知りたい事前準備
・無料で貰える!めっちゃ酔えそうな新商品「サッポロ LEVEL9贅沢ストロング」
猫の浮世絵に胸キュン!? 国芳や広重などの猫作品展が、2/22猫の日にスタート


猫がテーマの絵画や浮世絵が集結!国芳・広重から台湾の猫作家の作品まで“猫コレクション”が勢ぞろいする。

2月22日(木)の「猫の日」から28日(水)まで、猫をモチーフにした絵画や浮世絵を集めた展覧会が銀座で開催されます。
猫好きの浮世絵師として有名な歌川国芳はもちろん、歌川広重歌川芳藤らの名作、台湾の作家・珮怡(チン・ハイイ)の作品まで一堂に揃います。ユーモアたっぷりでカワイイ猫たちに、胸キュン間違いなし!?

そこで、展示作品の一部をご紹介。お出かけ前に、予習してみて。

猫の浮世絵に胸キュン!? 国芳や広重などの猫作品展が、2/22猫の日にスタート


歌川広重「猫の鰹節渡り」

まずは天保13年(1842)に描かれた、歌川広重の作品。当時人気を集めていた高低差をつけた杭の上を歩く曲芸「乱杭渡り」をパロディ化したものです。片手に傘、もう一方には「にゃん(乱)くい(杭)渡り」と描かれた扇を持った猫が渡っているのは、なんとカツオブシ!面白くてカワイイ猫の姿に、思わずほっこりしますね♪

猫の浮世絵に胸キュン!? 国芳や広重などの猫作品展が、2/22猫の日にスタート


歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」

続いては歌川広重晩年の傑作、江戸名所百景からの作品。新吉原の妓楼の2階からの風景、田んぼの中には「お酉さま」で有名な鷲神社へ参る人々が見えます。窓辺の猫は、ここから酉の市の行列を眺めることしかできない、遊女たちの心情を表しているような切なさが感じられますね。

猫の浮世絵に胸キュン!? 国芳や広重などの猫作品展が、2/22猫の日にスタート


歌川芳藤「新版猫の戯画」

猫の浮世絵として人気だったのが、子どもの玩具や絵本のためのおもちゃ絵。歌川芳藤の作品「新版猫の戯画」は、擬人化した猫が支配する地獄に落とされたねずみたちが描かれています。こわーい顔の閻魔様、でもちょっとカワイイのはやっぱり猫だから?

猫の浮世絵に胸キュン!? 国芳や広重などの猫作品展が、2/22猫の日にスタート


▲陳珮怡(チン・ハイイ)「弦月」

リアルな質感に目を奪われるのが、台湾の若手作家・陳珮怡(チンハイイ)の作品。日本画と同じ技法で、絹に岩絵の具で描かれています。毛並みや表情は本物の猫さながら!今回は「弦月」ほか新作も展示される予定だそう。いかがでしたか?他にも多数の猫作品が展示されます。
今年の猫の日ウィークは『猫れくしょん』で、猫浮世絵の愛らしさを堪能してはいかがでしょうか。

●参加作家:歌川広重歌川国芳歌川芳藤川合玉堂諏訪敦、陳珮怡、鈴木博雄ほか

※ 日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名
猫れくしょん2018

開催期間
2018/02/22(木) ~ 2018/02/28(水)

開催場所・最寄り駅
秋華洞:日比谷駅/銀座駅/有楽町駅

会場
ぎゃらりい秋華洞

時間
開始:10:00
終了:18:00
備考:※会期中無休

料金・費用
入場無料

お問い合わせ

株式会社秋華洞
電話番号:03-3569-3620

オフィシャルサイト
猫れくしょん2018 公式サイト

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.