くらし情報『忘れられない思い出ばかり!? 20代女子の初恋エピソード』

2010年1月21日 21:00

忘れられない思い出ばかり!? 20代女子の初恋エピソード

時期に差はあっても、誰もが忘れられないことが多い「初恋」。でも、その初恋がどのようにして心の中に残っているかは、人それぞれです。
忘れてしまいたい思い出でしょうか、それとも今でも初恋の人のことを思い出すとあたたかい気持ちになるでしょうか?
20代女子に初恋エピソードについて聞いてみました。

■「泣き虫だった彼と再会して……」(27歳/販売)
「小学生のとき、かわいいけれど泣き虫だった初恋の彼。かたや、ガキ大将みたいだった私(笑)。好きな子をいじめる……じゃないけれど、泣かせてばっかりいました。同窓会で10年ぶりにあったらすごくカッコよくなっていてびっくり。でも、彼にとって、私は自分を泣かせた『いじめっ子』。話しかけようとしても避けられてショックでした」

そのときに「好きな人には素直でいよう!」と決めたのだそう。小学生ぐらいのときって、話したくてもなかなかうまくいかないもの。初恋が今の恋に活かされる?

■「お嫁さんになれると信じていた」(23歳/飲食業)
「初恋は小学校2年生のとき、叔父さんに。母の弟である叔父さんは13歳差で、私が生まれたとき、叔父さんは10歳。小さなころからよく遊んでもらっていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.