くらし情報『恋は甘酸っぱいからこそいい? 秋の夜長に読みたい「恋に効く本」』

2011年10月27日 17:13

恋は甘酸っぱいからこそいい? 秋の夜長に読みたい「恋に効く本」

(29歳/食品)

中谷美紀さん主演で映画化もされた本作。小説が苦手……という人でも、本作のような短編集ならゆっくりのんびりと読み切ることができるかも?

■沖川東横『彼のココロが読み解ける本―7000人を幸せに導いた占い師が伝授!』
「忙しいと彼のことまで思いやる余裕がなくて、放ったらかし気味になっていた私。もう少し彼にとってかわいい女になってみたくて、読んでみました。参考になること、納得ができることが多くてよかった」(28歳/アパレル)

「どうしてメールを返してくれないの?」「最近、そっけなくなってきた理由は?」など女子の不安を狙い撃ちにしてくれます。

■蝶々『小悪魔な女になる方法』
「読めば誰でも小悪魔になれるかと言ったら、もちろんそんなことはないと思うんですが、『モテ女子ってこんなことをしているのかもしれない!』と自分が体験したことがない恋愛の世界をのぞいた気になりました。恋愛の形は自分が知っているものだけじゃない……と」(24歳/教育)

小悪魔な女子というのは、なろうと思ってなれるものではないですよね……。

過ごしやすいこの時期は、集中力も増します。恋に効く本を読んで、恋に備えておいてはいかが?

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.