くらし情報『会社カラオケを切り抜けるための実践テクニック』

2013年4月7日 10:55

会社カラオケを切り抜けるための実践テクニック

会社カラオケを切り抜けるための実践テクニック
新入社員と上司の交流が多い季節、2次会でカラオケに行くこともあるかと思います。「上司の年代の曲を知らない」「そもそも歌うのが苦手……」といった悩みを解消すべく、会社カラオケを乗り切るために実践しているテクニックを、マイナビニュース会員にアンケート調査しました。

調査期間:2013/3/6~2013/3/13
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数1000件(ウェブログイン式)

■歌手は知らないけど曲は知っている!上司ものれるカバー曲

・「上司も知ってそうな昔の曲のカバーを入れると、みんなで楽しめる」(28歳/女性)

・「『恋のバカンス』や『亜麻色の髪の乙女』といったカバー曲は、多くの年代の人が知っているので歌いやすい」(32歳/女性)

・「カバー曲を入れる。ダブルユーの『恋のバカンス』を知っているので、原曲のザ・ピーナッツの方で歌ったりもする」(25歳/女性)

時代を超えてカバーした名曲は、幅広い年代が楽しめるので会社カラオケにはうってつけですね。男性でしたらZOOの名曲をカバーしたEXILE『ChooChooTRAIN』など、選択肢はいっぱいありそうです。

■映像だけで楽しめるPVを流す

・「AKB48の『ヘビーローテーション』を入れてPVを流す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.