くらし情報『以上、未満、超、ほか。これらの用語はどうやって使い分けるの?』

2013年5月6日 18:02

以上、未満、超、ほか。これらの用語はどうやって使い分けるの?

以上、未満、超、ほか。これらの用語はどうやって使い分けるの?
●以上、以下はその数字を含む
こんな会話を聞いたことはないだろうか。「1,000円以下だったら、買ってきて。それ以上だったらいらない」この場合、1,000円なら買ってくるべきだろうか?買わないで帰ってくるべきだろうか。以上、以下の使い分けを考えてみよう。

決まりは極めてシンプル。以上、以下という言葉は、その数字を含むということ。1,000円以上といえば、1,000円を含むし、1,000円以下でも1,000円を含む。

従って、上記の会話は「1,000円以下だったら、買ってきて。それを超えたらいらない」とするか、「1,000円未満だったら買ってきて。1,000円以上だったらいらない」とでもすべきところ。

また、5,000万円超、1億円以下、1億円超5億円以下といった使い方をするか、5,000万円以上、1億円未満、1億円以上5億円未満といったようにその数値を含むのか含まないのかは大きな違いになる。従って日ごろから、その数値を含むか含まないかは厳密に分けて伝えるべき。

●課長以下3名で伺います

「明日のミーティングには、私どもの課長以下3名で伺います」と言われた場合、来るのは3人?それとも4人?

これは悩ましいところ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.