くらし情報『20代の75%が歯周病 歯科医が教える歯周病セルフチェック法』

2013年5月13日 10:26

20代の75%が歯周病 歯科医が教える歯周病セルフチェック法

20代の75%が歯周病 歯科医が教える歯周病セルフチェック法
「歯周病と言えば中高年の病気と思っていませんか。厚生労働省の『平成23年歯科疾患実態調査』では、歯周病の可能性がある、歯肉(歯ぐき)にトラブルがある人の割合は、20代では約75%、30代では約80%と発表されています。

気付かないうちに、20代から歯周病にかかっている人はとても多いんです」と説明するのは、歯学博士で歯科・口腔(こうくう)衛生外科の江上歯科(大阪市北区)院長・江上一郎先生。歯周病とその見分け方など、詳しいお話を伺いました。

■歯周病の危険度・チェックリスト

――歯ぐきに違和感があるのですが、歯周病かどうかピンときません。どうすればいいでしょうか?

江上先生ここに、歯周病の危険度をはかるチェックリストがあります。当てはまる場合に、右横の点数を足してください。

Q1.朝起きたとき口の中がネバネバする……1点

Q2.口臭があると言われたことがある……1点

Q3.食事のあと、歯の間にものがはさまる……2点

Q4.歯肉から出血することがある……3点

Q5.歯肉がはれることがある……4点

Q6.ぐらつく歯がある……5点

Q7.あまり歯磨きをしない……1点

Q8.タバコをよく吸う……1点

Q9.歯科医院には痛いときしか行かない……1点

Q10.ストレスを感じることが多い……1点

Q11.糖尿病にかかっている……1点

Q12.骨密度が低いと言われたことがある……1点

以上の得点を合計して、下記の該当する点数を確認しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.