くらし情報『意思決定、あなたのタイプは?「慎重派のハムレット」「直情型のジュリエット」』

2013年5月17日 07:00

意思決定、あなたのタイプは?「慎重派のハムレット」「直情型のジュリエット」

意思決定、あなたのタイプは?「慎重派のハムレット」「直情型のジュリエット」
●意思決定にはパターンがある
私たちが意思決定する時、無意識のうちに陥るいくつかのパターンがあります。あなたのパターンとはどのようなものでしょうか。ここでは、シェイクスピアの登場人物を例に探っていきます。

●慎重派のハムレット型は日本人に多い
ハムレット型とは、意思決定に慎重でなかなか決められないというもの。戯曲のハムレットは、父親の仇(かたき)がほぼ分かっていても、さらに証拠を求めている間に自分が殺される。毒を塗った剣で刺されて自らの死を悟ってから、父の仇(かたき)をやっと討つ。

●内面で葛藤(かっとう)―オフィーリア型
父や兄の言いつけを忠実に守り、恋人ハムレットの狂気が本物であるかを探ろうとするオフィーリア。あまりにも自分の意志を表面に出さず、周囲に振り回されてついには狂気に陥り水の中で果ててしまう。人生の重大事に自己主張や意思決定らしきことをせず、悲しい人生を終える。内面の葛藤(かっとう)が強い。

●ブルータス型は大義名分と自分の感情が混乱
シーザーを暗殺する一団に加わったブルータスは、ローマ人としての誇りを胸に大義のためにシーザーを討つ。しかし、内心、自分よりもマーク・アントニーをかわいがるシーザーをみて嫉妬(しっと)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.