くらし情報『祝1周年! 「東京スカイツリー」にまつわるトリビア・8選』

2013年5月22日 11:00

祝1周年! 「東京スカイツリー」にまつわるトリビア・8選

祝1周年! 「東京スカイツリー」にまつわるトリビア・8選
本日、開業から記念すべき1周年を迎えた東京スカイツリー。東京の新名所として、相変わらずの賑わいを見せている様子。634メートルという高さが日本の旧国名「武蔵の国」の語呂合わせであることは、もはや知ってて当たり前(?)ですが、東京スカイツリーには、さまざまなトリビアがあるんです。

◆総事業費は650億円
世界一高いドバイの「ブルジュ・ハリファ」(828メートル)は約1,400億円かかっているというから、結構安い?

◆周辺の地価が6.5%上昇!
徒歩圏内の浅草駅近くは9%も上昇しました。

◆杭の深さは50メートル
ということは、スカイツリーは本当は684メートル?

◆スカイツリーには、年に10回は雷が落ちる
あの高さなら当然といえば当然ですが、ツリーのどこに雷が落ちても外側の金属を伝わって地面にいくので、中にいる人は安心なんだとか。ホッ……。

◆スカイツリーは曲がってる?
土台が三角形で、上にいくにつれて円形になっていくためそう見えるんだとか。

◆心柱の内側にある避難階段は2,500段
ちなみに東京タワーは670段。もしものときはこの段数を下らなきゃいけないんですね~(泣)。

◆180年前に予言されていた!?
江戸時代の浮世絵師・歌川国芳が描いた『東都三ツ股の図』には、スカイツリーの建っているのとほぼ同じ場所にスカイツリーにそっくりな謎の塔が描かれているんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.