くらし情報『血液型でダイエット方法が違う「O型=狩猟民」「A型=農耕民」「B型=遊牧民」』

2013年5月25日 19:04

血液型でダイエット方法が違う「O型=狩猟民」「A型=農耕民」「B型=遊牧民」

血液型でダイエット方法が違う「O型=狩猟民」「A型=農耕民」「B型=遊牧民」
占いや性格診断でおなじみの血液型。単なる区分に思われがちだが、輸血できない組み合わせがあるほど生理学的には大きな違いがある。

アメリカの医師ピーター・J・ダダモ博士は、その著書で血液型によって太りやすい食べ物に違いがあるという。食品選びを間違えると、せっかくの苦労が水の泡となってしまうのだ。

■プリミティブなO型、ニュータイプなAB型

ごぞんじのように血液型は大別してO/A/B/ABの4種類がある。元祖はO型で、紀元前5万年ごろはO型しかなかったと考えられている。その後A、Bの順に派生し、最後にAB型が登場した。

輸血の基本は同型だが、他の型を受け入れられるパターンもある。自分の血液型と、受け入れ可能な組み合わせは、

・O型…Oのみ

・A型…O/A

・B型…O/B

・AB型…O/A/B/AB

だ。他は一切受け入れないO型と、すべてOKなAB型は対極的の存在だ。この組み合わせ以外の輸血はなぜダメなのはなぜか?理由は作られる抗体が違うからだ。

体内にウィルスなどの異物が侵入すると、それを排除しようと生まれるのが抗体で、血液の場合は抗体を作る/作らないのパターンが異なる。

O型はO以外を異物とみなして抗体を作るのに対し、A型はOを受け入れ抗体を作らない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.