くらし情報『都市伝説!「フラフープで腸ねん転」「ホッピングで胃下垂」……これって本当?』

2013年8月1日 13:18

都市伝説!「フラフープで腸ねん転」「ホッピングで胃下垂」……これって本当?

都市伝説!「フラフープで腸ねん転」「ホッピングで胃下垂」……これって本当?
昭和30年代に大ブームとなったフラフープにホッピング。その後、ある理由でブームは下火になったのですが、その理由というのが「病気になる」というもの。フラフープは腸ねん転、ホッピングは胃下垂になる、というのです。このうわさは本当か調べてみました。

【なぜ都市伝説が誕生するのか?うわさを伝播させる人の心理に迫る!】

■フラフープで腸ねん転……

アメリカでブームになった後に、昭和30年代に日本でも大ブームとなったフラフープ。当初は美容・健康器具として女性にヒットし、遊具としても多く子供に広まりました。

しかし、昭和33年ごろに「フラフープが原因で腸ねん転になった人がいる」、といううわさが出始め、ついにはフラフープの使用を禁止する小学校が出現しました。

昭和33年11月23日付けの朝日新聞によると、千葉県東金市の小学校が最初に「フラフープ禁止」を発令。全国紙に掲載されたことで、同様に禁止する小学校が相次ぎました。世間全体でも「フラフープは危険」という風潮になり、ブームは下火になりました。

では、本当にフラフープで腸ねん転になるのでしょうか?腸ねん転というのは、大腸がねじれて詰まり、詰まった部分が壊死(えし)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.