くらし情報『ゴルゴ13の信じられない話「白いブリーフ」「5km先からヒット」「エボラ熱から生還」』

2013年8月10日 12:02

ゴルゴ13の信じられない話「白いブリーフ」「5km先からヒット」「エボラ熱から生還」

ゴルゴ13の信じられない話「白いブリーフ」「5km先からヒット」「エボラ熱から生還」
日本が世界に誇る超A級スナイパー・ゴルゴ13。その活躍を描く漫画『ゴルゴ13』は現在も続く長寿連載となっています。ゴルゴ13について調べてみました。

【絵がうまいなあと思う漫画家1位「鳥山明」2位「井上雄彦」】

■ゴルゴ13は高齢者!?

ゴルゴ13のプロファイルは、

本名:不明
デューク・東郷と名乗る
性別:男性
国籍:不明
年齢:不明
経歴:不明

ということになっています。しかし、初期の作品の中には諜報機関の会議で「ジョン・F・ケネディを暗殺したのはこの男ではないかといわれている」というシーンがあります。

ジョン・F・ケネディの事件は1963年11月22日ですから、その当時ゴルゴ13が駆け出しのスナイパーで25歳だったとしても、2013年には75歳になるはず。年金をもらっていてもおかしくない年齢です。

それでも裏世界で現役トップの腕というのは恐るべきことです。

■ゴルゴ13は白いブリーフ派!

ゴルゴ13は白いブリーフを愛用しています。パンツ一丁で葉巻を吸いながら窓の外を見るゴルゴ13の姿はちょっとかわいいですな。ベッドには裸の女性が寝ていたりするわけですが。

■昔はエッチの回数も多かった!

ゴルゴ13といえば、近づく女性をメロメロにするフェロモンと、接して漏らさずのエッチテクニックで有名です(?)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.