くらし情報『高級自動車ディーラーの接客、ここまでやっているところもある』

2013年8月27日 18:12

高級自動車ディーラーの接客、ここまでやっているところもある

高級自動車ディーラーの接客、ここまでやっているところもある
高級自動車ディーラーでは今、接客競争になっている。ブランドを表現した接客を追求するディーラーの最前線をご紹介します。

●敷居が高いショールーム?
高級自動車ディーラーのショールームは一般的に、非常に敷居が高いようです。つまり、気軽に訪れることができる場所ではなく、買う気がかなりある人が行くところ。

500万円以上する自動車のショールームで、名前や住所、今乗っている車の車検時期などのアンケートを提出してくれる人は、お店にとっては“宝物”。お一人のアンケートをもらうまでのマーケティング・コストは10万円ともいわれている。そこで接客競争。

●ドリンクのすすめかたは高級ホテルのよう
ショールームの接客の基本は快適さ。その第一歩はドリンクによって、リラックスしていただくこと。大衆車のショールームの場合は、ボタン式の無料ベンディング・マシンで自由に飲んでいただくか、テーブルにメニューがあり、そこから選ぶ形式が多い。実際、土日など多くの人数に対応するにはそれも必要。

高級自動車ディーラーともなると、そうはいかない。ショールームスタッフが対話によって、ゲスト(お客さま)のお好みのドリンクをお聞きする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.