くらし情報『“小柄女子”が得すること・損すること「彼を気にせずヒールが履ける」「満員電車で埋もれる」』

2013年9月2日 18:30

“小柄女子”が得すること・損すること「彼を気にせずヒールが履ける」「満員電車で埋もれる」

“小柄女子”が得すること・損すること「彼を気にせずヒールが履ける」「満員電車で埋もれる」
ドラマ『ショムニ』に登場する働く女子は、江角マキコさんをはじめ、すらっとした美脚でミニスカの制服をカッコよく着こなしています。「高身長女子」ならではのよさが活きていますよね。その真逆にいる、「小柄な女子」たちはどうでしょうか。そこで、身長が155cm以下の小柄女子たちに、「身長が低いことで得するのか、損するのか」を聞いてみました。

まずは、損をすることから。

■満員電車で埋もれる(27歳/アパレル)
「身長が150cmないのでつり革に届かないので、満員電車では人に埋もれてしまいます。また、顔の位置に人の鞄や腕が来るので視界が悪くなります」

混雑した電車内で、人の波に揉まれて苦しそうな小柄女子を見かけること、たまにありますよね。

■靴のサイズがない(26歳/公務員)
「身長に比例して靴のサイズも22cmと、かなり小さいです。気に入った靴を見つけてもサイズがなかったり、取り寄せになってしまったりすることもしばしば……」

気に入った靴のサイズがないと残念ですよね。でも、22cm以下の「シンデレラサイズ」と呼ばれる靴の、美しい響きにあこがれてしまう人もいそうです。

■パンツは必ず丈をカット、マキシ丈スカートは引きずる(28歳/飲食)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.