くらし情報『35歳を過ぎて妊娠しないと「もう子供は無理かも」と思う女性は60%。あきらめはNG―イギリス研究』

2013年10月27日 12:36

35歳を過ぎて妊娠しないと「もう子供は無理かも」と思う女性は60%。あきらめはNG―イギリス研究

35歳を過ぎて妊娠しないと「もう子供は無理かも」と思う女性は60%。あきらめはNG―イギリス研究
35歳から45歳までの未出産の女性を対象にした調査で、60%の女性が「妊娠は無理かも」と、40%の女性が「妊娠について話すのが嫌」と感じていることが分かりました。しかし、これは妊娠の可能性を余計に下げてしまうと医師が警告しています。

ある程度年を取ったら、子供は諦めるべきなのでしょうか?

イギリス不妊症ネットワークの調査によると、子供を持たない35歳から45歳の女性のうち60%が「周りから妊娠は無理だと思われている気がする」と回答しています。さらに40%の人は「親や友人と妊娠の話をするのが苦痛」と感じているそうです。

こうした傾向は、彼女たちの妊娠する可能性を小さくしてしまっているのではないか、とオックスフォード大のティム・チャイルド博士は懸念を示しています。不安や不快感が、夫婦で不妊治療について話し合う機会を減らしてしまっているのではないかというのです。

これまでの研究で、妊娠の可能性は30代半ばで急激に減少することが分かっています。年を追うごとに妊娠が難しくなっていくのは事実ですが、それでもできるだけ早く治療を始めれば、可能性は大きくなります。イギリスでは7人に1人が「不妊治療に効果があった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.