くらし情報『足のトラブル、その原因は角質にあった! 乾燥の時期に実践したい、正しいフットケアの方法って?』

2013年10月29日 11:30

足のトラブル、その原因は角質にあった! 乾燥の時期に実践したい、正しいフットケアの方法って?

足のトラブル、その原因は角質にあった! 乾燥の時期に実践したい、正しいフットケアの方法って?
秋冬になるとお肌の乾燥が気になる女子も多いはず。実際に、秋冬は皮脂の分泌量が減少する、空気の乾燥によって肌水分が蒸発しやすくなる、血行不良や冷えによって、皮膚の新陳代謝が低下する……など、お肌の乾燥を引き起こす要素がたくさん。中でも、足の裏のガサガサ、かかとのコチコチなど足もとのトラブルに悩まされる人は多いのでは?

冬場は床暖房やホットカーペット、足もとにあるファンヒーターによって肌水分が逃げていってしまうため、足の乾燥がすすみやすいそうです。そんな乾燥のメカニズムと、正しい対策の仕方をレクチャーするセミナー「フットケアセミナー 2013 Auturm&Winter」(フットケアラボ主催)が開催されました。同セミナーでは、医学博士・野村有子さん(野村皮膚科医院院長)と、フットセラピスト・大島道子さん(フットケアサロン『aplicie~アプリシエ~』主宰)が秋冬の足もとの乾燥や角質ケアについて解説。

なんでも、足もとが乾燥しがちになるのは、人間の皮膚の構造によって起こってしまうんだとか。足の裏の皮膚は、皮脂が出る皮脂腺がないので、通常よりも乾燥しやすいんです。そして、皮膚がガサガサする主な原因は、角質。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.