くらし情報『『ヴェニスの商人』から学ぶ色々な人とどう付き合っていくのか?』

2013年11月12日 19:09

『ヴェニスの商人』から学ぶ色々な人とどう付き合っていくのか?

『ヴェニスの商人』から学ぶ色々な人とどう付き合っていくのか?
世の中には本当にいろいろな人がいるもの。それはあなたも感じているはず。ではそのいろいろな人とどう付き合っていくか。そのヒントは、シェイクスピアの『ヴェニスの商人』にあった。

●『ヴェニスの商人』のあらすじ
ヴェニスの豪商アントーニオーは、船貿易で成功した人物。その親友にバッサーニオーがいる。バッサーニオーはアントーニオーに借りた金を返済できず、一攫千金を狙ってベルモントに住む資産家の娘ポーシャに求婚する相談に来る。

そのための資金をアントーニオーに再び借りたいということ。アントーニオーはバッサーニオーに金を貸したいのだが、手元には必要な額がない。そこでユダヤ人の金貸しシャイロックに借金して、バッサーニオーに貸すことにする。

シャイロックは金を貸す担保にアントーニオーの心臓に近い身体の肉1ポンドを要求する。貿易に出ている船が戻ってくれば余裕で返せると考えたアントーニオーは喜んで承諾する。

バッサーニオーは、ベルモントへ旅立ち、みごとポーシャを妻とする。ところがそこに、ヴェニスからの伝令が来た。アントーニオーの船が座礁し、すべての財産を失ったこと、シャイロックが借金のカタにアントーニオーの肉1ポンドを要求していることなどが伝えられた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.