くらし情報『妊婦の3人に1人、助手席・後部座席でシートベルト未装着 ─ エムエルジェイ調べ』

2013年11月19日 11:12

妊婦の3人に1人、助手席・後部座席でシートベルト未装着 ─ エムエルジェイ調べ

妊婦の3人に1人、助手席・後部座席でシートベルト未装着 ─ エムエルジェイ調べ
株式会社エムエルジェイは、妊娠もしくは1年以内に出産経験があり、車の運転・乗車する機会がある女性1,000名を対象に、シートベルトの使用状況に関する実態調査を実施した。

同調査において、妊娠中、シートベルトを着用しているか(していたか)聞いたところ、93.3%が運転の際には「必ず着用している」と回答。一方、6.7%の方が「付けていないときもある」もしくは「付けていない」と答えた。シートベルトを着けない理由については、「お腹が圧迫されて苦しいから」「つわり中は特にしめつけられると吐き気がしたから」といった意見が多くみられた。

他人が運転する自家用車に同乗する際のシートベルト着用率は、「必ず付けている」という人が67.5%まで減少し、約3割がシートベルトをせずに車に乗車した経験があると回答した。

タクシー乗車時には、さらに着用率は下がり、83.0%の人が着用せずに乗車した経験があると答え、未着率の高さが浮き彫りとなった。タクシー乗車時にシートベルトをしない理由については、「お腹が締め付けられるため」という意見が大半だったが、「タクシーではする習慣がなかった」や「後部座席なので着けなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.