くらし情報『もしも海中ホテルを建てるなら―何が大変なのか?「排気」「水圧」「コスト」』

2014年2月8日 12:04

もしも海中ホテルを建てるなら―何が大変なのか?「排気」「水圧」「コスト」

もしも海中ホテルを建てるなら―何が大変なのか?「排気」「水圧」「コスト」
モルディブで海中ホテルの建設計画が発表された。海中にはバーも開設されるというから、熱帯魚を眺めながら一杯やりたいものだ。

海中ホテルで安全に暮らすことはできるのだろうか?もし浸水したら最深部では4気圧の水圧に押しつぶされ、侵入した水は突風を生み出す。海上部分で暮らしていても、浸水の心配をしながら暮らすことになりそうだ。

■ホテル内でもダイビング?

モルディブの海中ホテルは、ポーランドのウォーター・ディスカス・ホテル社が建築する予定で、すでにモルディブ観光省の許可を得ているというから、完成するのは時間の問題だ。公開されている完成予想図では、海上7mには宇宙船のような円盤状の建物、海面下30mは客室やバーが予定され、タワー状の建造物がこの2つを結んでいる。

これらを囲むように海面から4本の柱が建てられ、海上施設の高さが一定に保たれるように調整され、海上にはレストランやスパをはじめ、プールやヘリポートまで予定されているというから、ホテルよりも海外SFドラマ「サンダーバード」の基地のような印象だ。

海中ホテルでもっとも警戒すべきは浸水だ。海中は深さが10m増すごとに、およそ1気圧高くなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.