くらし情報『やってはいけない!マナーNGあるある「×社内の人を敬称で呼ぶ」「×名刺交換で相手より後に出す」』

2014年5月2日 16:29

やってはいけない!マナーNGあるある「×社内の人を敬称で呼ぶ」「×名刺交換で相手より後に出す」

やってはいけない!マナーNGあるある「×社内の人を敬称で呼ぶ」「×名刺交換で相手より後に出す」
名刺交換に応接での席次、社外のマナーはいろいろ迷うことばかり。新入社員がやってしまいがちな、“べからず集”をご紹介します。

●社内の人を敬称で呼んでしまう
社外の方に対して「私どもの田中部長がこう仰っていました」。一見問題ないように見える敬語の使い方も先方には不快感を与えるもの。田中部長という言い方は敬称であり、「社外では部長の田中が」と呼び捨てにすべきところ。

もちろん、「仰って」ではなく、「このように申しておりました」と謙譲語で伝えなければならない。相手がお客様でなくとも駄目。協力会社の方などに対しても社外の用語で対応すべきところ。

●「これを差し上げて下さい」などと平気で言ってしまう
相手が社外の方で、自社のカタログ、見本品などを差し上げる場合、「これを上司の方にも差し上げてください」と言ってしまう。これは相手の行為「渡す」を謙譲語にしていることに問題がある。「これを上司の方にもお渡し願えますか?

」などといった言葉遣いが望ましい。

敬語をきちんと使いこなさなければ、このような言葉遣いで相手に不快感を与えるケースがあるかもしれない。

●名刺交換で相手より後に、相手の上に出してしまう
新人研修で名刺交換を覚えて、客先へ行ったら自分から名刺を差し出し、協力会社の方などが来社した時は相手が先に出す、と覚えている人が多いはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.