くらし情報『子供の頃、信用できないと思っていたタイプ1位「誰かを常に仲間外れにする」』

2014年5月25日 10:20

子供の頃、信用できないと思っていたタイプ1位「誰かを常に仲間外れにする」

子供の頃、信用できないと思っていたタイプ1位「誰かを常に仲間外れにする」
友達を選ぶときには一緒にいて楽しいだけでなく、信用できるかどうかも重要なポイントではないでしょうか。判断力があまりなかった子供時代、どんなタイプが信用できないと感じましたか?読者617名に聞きました。

調査期間:2014/5/3~2014/5/12
有効回答数:男性208名、女性409名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

Q.子供の頃、信用できないと思っていたタイプを教えてください(単一回答)
1位誰かをつねに仲間外れにする20.6%
2位ちょっとしたことでも親や先生に言いつける19.6%
3位先生の前ではいい子16.1%
4位好きな人を教えるとくっつけようとする7.6%
5位自慢が多い7.5%

■誰かをつねに仲間外れにする
「誰かの批判をしないと気がすまないような子が多かった」(27歳女性/機械精密機器/技術職)
「自分もちょっとしたことでされるんだろうなと思っていた」(21歳女性/小売店/事務系専門職)
「仲間を大切にしない人は今でも嫌い」(45歳男性/電力ガス石油/技術職)

■番外編:私のこと、友達だと思ってるの?
好きな人を教えるとその人と仲良くしようとする「そしてその子と話しをした内容を自慢げにいってくる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.