くらし情報『のんびり走ってエネルギー消費は2倍。「スロージョギング」が人気』

2014年5月28日 06:00

のんびり走ってエネルギー消費は2倍。「スロージョギング」が人気

のんびり走ってエネルギー消費は2倍。「スロージョギング」が人気
エネルギー消費量がウォーキングの2倍という「スロージョギング」が注目を集めています。2013年に東京・福岡・大阪で実施されたイベントは200人の定員がすぐいっぱいになったとか。スロージョギングについて、一般社団法人日本スロージョギング協会の平尾紀子さんにお話を伺いました。

■速すぎるのはNG!おしゃべりできるくらいの速さがベスト
「スロージョギングとは、『ゆっくり走る』ジョギングのことです。ウォーキングと同じくらいか、それ以上の遅さで走ることをおすすめしています。笑顔で会話できるくらいのペースなので、『ニコニコペース』と覚えてもらえればと思います。息があがるくらいまでがんばるのは健康づくりには逆効果。息があがらない程度の無理なく走れるスピードが最適なペースと言われています」(平尾さん)

太ももをはじめとする大きな筋肉を使うため、エネルギーを消費しやすいとか。さらに、スロージョギングはふつうのジョギングよりも膝などへの負荷が抑えられるというメリットもあるそう。

「スロージョギングをはじめるにあたって、特別な服装はアイテムをそろえる必要はありません。服装は動きやすいものであれば何でもOK

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.