くらし情報『あなたはいくつ知っている?サッカー日本代表のトリビア「日本代表の最多得点と最多失点は実は同じ国フィリピン」』

2014年5月31日 11:50

あなたはいくつ知っている?サッカー日本代表のトリビア「日本代表の最多得点と最多失点は実は同じ国フィリピン」

あなたはいくつ知っている?サッカー日本代表のトリビア「日本代表の最多得点と最多失点は実は同じ国フィリピン」
6月12日から、ブラジルでサッカーのワールドカップが開催されます。われらが日本代表は、6月15日からグループリーグ戦が始まります。まずは決勝トーナメント進出を果たしてほしいところですね。さて今回は、そんな日本代表にまつわるトリビアを紹介します。

●日本代表が初めて国際試合を行ったのは1917年
日本代表公式記録集によると、日本代表が初めて国際試合を戦ったのは1917年5月9日とされています。対戦相手は「中華民国」でした。試合結果は0-5の敗戦だったそうです。

●日本代表の最多得点と最多失点は実は同じ国
最多得点は1967年に行われたフィリピン戦で、15-0で勝利。最多失点も同じくフィリピンが相手でした。こちらは1917年に行われた試合で、2-15で敗戦しました。ちなみに、当時のフィリピン代表にはパウリーニョ・アルカンターラというFCバルセロナで活躍した選手(メッシに抜かれるまでの最多得点保持者)がいたので、この失点数も納得です。

●赤色の日本代表のユニフォームがあった
青色がイメージカラーの日本代表のユニフォームですが、実は赤色のユニフォームだった時期があります。1988年から1991年にかけては、現在の中国代表のような上下赤色のユニフォームでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.