くらし情報『「いじめられる、無視される」辛いのはどっち?「無視」―加大学調査』

2014年6月9日 22:06

「いじめられる、無視される」辛いのはどっち?「無視」―加大学調査

「いじめられる、無視される」辛いのはどっち?「無視」―加大学調査
仕事場で同僚から嫌がらせにあう、それとも仲間外れで無視され続ける。あなたにとってつらいのはどちらでしょう。

カナダの大学の新しい調査では、無視、疎外される方が精神的ダメージが大きいとの結果が出ています。

陰口を叩かれる、仕事の妨害などのいじめにあうより、存在を無視されることの方が仕事への不満が高まり、健康を害すまたは辞職する確率が高まることが分かっています。

「何も良いことを言うことがなかったら、口をつぐむべき、というように私たちは誰かを無視する方が社会的に好ましいと教えられているのです」とこの調査を実施した加ブリティッシュコロンビア大学ザウダービジネススクールのサンドラ・ロビンソン教授。

しかし、実際は疎外されることのほうががその人にとっては自分の価値を否定されつらいことだといいます。

あからさまな無視にあっていなくとも、疎外感を感じている人は仕事への満足度も低く、早く辞めたいとの気持ちもかなり高くなり、健康面でも支障をきたすことが多いとの結果が出ています。

また、別調査の結果ですが、職場でいじめにあっている女性の半分以上は同姓から嫌がらせを受けているといいます。これは英国で2万3,000人の女性と2,000人以上の男性を対象としたこの種の調査では最大規模の調査結果。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.