くらし情報『「音楽ライブ好き」の50代、60代は、自らを「モテている」と感じている割合が他の年代層よりも高い』

2014年6月25日 21:56

「音楽ライブ好き」の50代、60代は、自らを「モテている」と感じている割合が他の年代層よりも高い

「音楽ライブ好き」の50代、60代は、自らを「モテている」と感じている割合が他の年代層よりも高い
スカパーJSATは、5月23日より5月30日にかけて、全国の15歳~69歳の男女1,000名を対象に、「音楽ライブと音楽視聴に関する調査2014」を実施した。

日頃どれくらい音楽に接触しているのかを調査するため、「音楽を聴く頻度」について聞いてみると、「ほぼ毎日」が54.6%と過半数を占めた。年代別では、10代は71.7%で年代が上がるにつれて減少するが60代でも34.3%が毎日音楽を聴いている。

では、どのように聴いているのか。TV番組やDVD、動画などの映像を含む「音楽ライブ」で、「月に1日以上」と回答した「音楽ライブ好き」が43.8%にのぼり、特に10代女性では58.9%を占めている。

また、「音楽ライブ好き」の50代、60代は、自らを「モテている」、「同世代に比べて若い」、「リーダータイプである」と感じている割合が他の年代層よりも高かった。

最後に、人気アーティストの新曲に楽曲を提供して欲しいアーティストを聞いてみた。

SMAP」に楽曲を提供して欲しいアーティストについて聞いたところ、1位は「井上陽水」、次いで「奥田民生」、「桑田佳祐」がランクインした。

」では「桑田佳祐

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.